オナ見せ

私がよく帰る道で変質者がいます。その人は、女性にオナ見せをしたいのか街灯の下でアソコを動かす姿を見かけます。時間もだいたい22時から22時半くらい。時間もその人が出没する場所も分かるのに私は通報していません。オナ見せに興味があるわけではありません。ただ、やっている男性がめちゃくちゃイケメンだから通報したくない気持ちがあります。出来ればその人と仲良くなりたい気持ちもあります。

今日も夜道を歩くといつもの場所に変質者がいました。私はいつもは無視しているけれど今回は彼に近づきました。彼はアソコをしまい逃げようとしていました。「逃げないで、あの聞いても良いですか。」私の言葉に立ち止まる変質者。
オナ見せ希望の介護士とのテレフォンセックスでオナ指示してます
「あの、普通ならオナ見せされたら逃げる女性が多いと思うけど、私はそんなあなたの事が気になって毎日ここを通ってしまいます。良ければ連絡先交換しませんか。もちろんご迷惑ではなかったら。」「こんな俺でもいいの。」「はい。」こうして変質者と連絡先を交換しました。

その後、お互い自己紹介をして彼は私より3歳年上の会社員で働いてる事がわかりました。仕事のストレスがたまると欲求がたまり、それを解消するためにやっていると言ってました。「あの、もし良ければもうオナ見せをやらないで下さい。やるなら私の前だけでやって下さい。」「はい。」

それからは、私が一人暮らしの彼の家に行きオナではなくHをして互いに楽しむようになりました。もちろんこっちの方でも彼は激しく私を突いていきます。
お金をもらう
お金をもらう